火葬料|葬儀本体費用に含まれる火葬料を解説

葬儀支援ネットでは葬儀社探しでお困りの方のために365日24時間無料相談を受付けております。万一の時、お急ぎの時には、お電話ください

火葬料について

火葬料

火葬料は、各火葬場で使用料が明示されているため、葬儀社によって差が出ることはまずありません。東京23区や東京23区近隣の多摩地区にお住まいの方の場合、公営の火葬場は2ヵ所しかありませんので、桐ヶ谷斎場代々幡斎場などの民間火葬場を利用します。


民間火葬場の場合
火葬料59,000円
火葬中待合室使用料20,000円前後
骨壷12000円前後
公営火葬場の場合
火葬料0~20,000円
火葬中待合室使用料0~10000円前後
骨壷4000円前後

となります。民間火葬場の場合火葬場にも一般に使用する「最上等」と呼ばれるものから特別室など高級なものまでランクがあります。同様に待合室にも種類があります。


  • 東京23区の場合、臨海斎場(大田区)、東京都瑞江葬儀所(江戸川区)を除いて、民間火葬場を利用します
  • 多摩地区も23区寄りの場合、日華斎場多摩葬祭場という民間火葬場を利用します
  • 民間火葬場の場合、火葬料や待合室利用料にランクがあります

骨壷

最近では骨壷を生前から用意する方も増えてきているようですが、前述のとおり民間火葬場など、指定された骨壷しか使用できない場合もありますので御注意ください。一般的に使用される骨壷は白瀬戸と呼ばれる骨壷ですが、青磁や大理石などもあります。また覆もキリスト教式など種類があります。


  • 骨壷は公営火葬場の場合数千円で購入できます
  • 骨壷は民間火葬場の場合12000円前後から購入します

葬儀・葬送のご相談・見積・葬儀社紹介は葬儀支援ネットへ

0120-02-6066

24時間365日年中無休・相談無料