民営墓地にお墓を求めるには? 葬儀社紹介の葬儀支援ネットが良質なお墓をご案内

葬儀支援ネットでは葬儀社探しでお困りの方のために365日24時間無料相談を受付けております。万一の時、お急ぎの時には、お電話ください

民営墓地にお墓を求めるには

資格・条件なし。誰でも持つことができる

民営墓地(民間霊園)の99%は、お寺などの宗教法人が事業墓地として開設・運営しています。と言っても、寺院墓地のように壇信徒や門徒に対象限定される墓地とは異なり、継承者が必要なこと以外は、宗旨宗派、信仰の有無も問われることはありません。また、公営墓地のような資格・条件も、ほとんどありません。

ですから、たとえば墓地内の一定区画を占有してお墓とする墳墓方式の場合なら、その墓地区画の永代使用料を支払って契約すれば、誰でもお墓を持つことができます。
  もちろん、それとは別に墓石を建てたり、地下カロートを設けるなどの工事負担はしなければいけませんが、生前にまず墓地区画だけを取得し、後で墓石を建てるように計画することもできます。

ただし、民営墓地では指定石材店など工事業者が指定されているところもあります。この点は、あらかじめ確かめておいたほうがいいでしょう。

メリットは、設備・環境・デザインと管理の良さ

民営墓地は費用負担の面では公営墓地より割高ですが、設備・環境も良く、緑地公園のような明るい景観デザインのところが多く見受けられます。
また、最近では民営墓地の中にも、区画個別占有の墳墓型意外に、合葬型の共同墓や、永代供養型の個人墓や樹木葬墓さらに、ペットと一緒に入ることのできる墳墓など、多様なニーズに応えるいろいろなお墓が登場しています。

葬儀支援ネットでは、ご要望に合った、良質で優れた民営墓地(民間霊園)のご紹介・ご案内もしています。お気軽にお問い合わせください。